AMP対応をやめた理由 デメリットがまだ気になる

最近でもないけど、スマホでGoogleの検索結果を見てると雷マーク(AMP対応している記事)をよく見るようになってきた。

そういう案件も来るかもだし、AMP対応くらいできるようになっとこうと思って、まあ、失敗してもいいのでこのブログで試してみることにした。


こういうやつ。ページ読み込みが早い。

結果としてはAMP対応できたんだけど、このブログでのメリットとデメリットを比べた時に、ちょっとAMP対応の恩恵が弱かったので、結局元に戻すことに。

でも色々勉強になってよかった。

ちなみにたまに「AMP対応するとデザインがシンプルになっちゃう」ってデメリットを見るけど、それはWordPressのプラグインで対応しているような場合だと思う。

(かなり)頑張れば元ページのデザインの再現は相当高いレベルでできますよ。

AMP対応は万能じゃない

まあ、当たり前なんですけどね。AMP(Accelerated Mobile Pages)の名前が示すとおり、ページ速度を早めるための仕組みなので犠牲にしてることもあるし、管理が煩雑になったりする。

対応の難しさ

これは「元となるサイトの構造、デザイン、それをどこまで再現するか」で大幅に変わりそう。

元となるサイトのソースを流用できるパーツがほぼなくAMP用に書き直す必要があるからだ。

例えば本サイトみたいなWordPressで構築された「THE、ブログ!」みたいなサイトをAMP対応してみるとする。

段階1:記事部分をAMP対応する

AMPページは記事内容だけ見られればいいって場合は、比較的簡単に対応できる。が、それだと回遊性が著しく下がるので、できれば関連記事とか、グローバルメニューとかも対応させたいところ。

段階2:ヘッダー(とフッター)をAMP対応する

サイトの顔になるヘッダーは対応必須項目に近い。モバイルフレンドリーに作られているサイトなら、グローバルメニューはハンバーガーメニュー等を採用していることもあると思うが、当然これはそのまま使えない。

まず、AMPで許可されているJS以外を使うことができない。

AMP用に用意されている「amp-sidebar」を使用するのが現実的だけど、特殊なタグを利用するのでwp_nav_menu()で素直に吐き出されるソースは使えない。

かと言ってソースベタ打ちなんて非効率なこともやってられないので、メニュー出力用のシステムを書く必要がある。

amp-sidebar – AMP by Example

※一応、AMP開発チームは任意のJSを動かせるように努力しているらしい。裏を返せばまだ発展途上で、導入をためらわせる記事とも言える。

好きなJavaScriptをAMPで実行できるようになるかも。Web Workerで実現か?

段階3:SNSシェア、関連記事、コメント等

AMPではフォームが使えないので、コメント機能をどうしても使いたいなら「Disqus」で実現できるらしい。

SNSシェアもAMP専用の仕組みがあり、対応しているサービスも限られている。

amp-sidebar – AMP by Example

関連記事もimgタグを使っている場合はそれ用のシステムを書く。。

段階4:ウィジェットエリア

もはや以下同文って書きたくらいだけど、ウィジェットエリアのソースは容易に編集できず、検索機能も使えないのでそれ用に書く。

システムゴリゴリかける人だったら、フックとか使って書き換えた方がいいのかも;。

デザインの反映:CSSの制限がつらい

AMPではCSSファイルを読み込むことができる。

もし元となるサイトに使用されているCSSファイルがAMPの要件を満たしているならば、そのファイルをAMP用に読み込めばいい。

が、実際は

  • 容量は50KB以下
  • !importantは使用不可
  • :notも使用不可

等々の制約があって、元のCSSをそのまま使えるってケースは極めて希だと思われる。

このブログではAMP対応をしないことにした

ページ速度は魅力的だったけど、対応箇所を増やすほど、多元管理になって修正の手間が増えるのがすごく嫌。

色を少し変えたり、広告を差し替えたりメニューを追加するだけで、AMP対応してない状態であれば1箇所いじって軽くチェックして終わりなところを、AMP用のファイルも書き換えて、実機でもテストしなければならない。。

って考えるとそこまでページ速度大事かなーっていうのが正直な感想。

AMP対応後のこのサイトの読み込み速度も、自分の環境だとあんまり実感できなかった。

コメント、シェア機能の制限もあるし、なにより、まだAMPが発展途上で、もう少し安定して機能も充実してからの方がいいかなって思って、今回はAMP対応を見送ることにした。

でも、曖昧だったAMPのことを知れたのはよかった。やっぱり何事もやってみることですな。

もし誰かが望むなら、WordPressでプラグインなしで記事ページだけAMP対応させるやり方でも書こうかな。

では、よいAMPライフを。

SNSシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。