デザインの実験室のようなポートフォリオサイト。実例から考えるWebデザイン

KASHIWA SATO

Webデザインを考える。見た目だけじゃなく、動きとかサイトの使いやすさとかも含めて考えていきたい。今日はとある有名グラフィックデザイナー・アートディレクターのポートフォリオサイトを見て考える。

KASHIWA SATO ||| 佐藤可士和

KASHIWA SATO ||| 佐藤可士和_メインイメージ

KASHIWA SATO ||| 佐藤可士和
※記事掲載時のデザインから変更されている場合があります。

超有名なアートディレクターさんのポートフォリオサイトですね。

画面いっぱいに並べられた、カラーチップを思わせるようなビジュアル。 羅列された無機質な文字たちと相まって、さながらグラフィックの実験室といった印象です。

それぞれは制作物にリンクしていて、制作物に使用されている色が上部の配色に使用されています。

作品を見る目がとにかくフラットになるデザイン

制作物の写真を使うポートフォリオサイトが多いですが、このサイトは、制作物の色だけを抽出して並べています。
そのため、制作物自体に対する印象や先入観は排除されます。ボタンを押したりすると鳴る無機質なピコピコ音も手伝い、すごく冷静な目で制作物を見ることができます。

その他のメモ

  • どんなものを作ってきたか、一覧で見れないのはデメリットにもなるけど、佐藤可士和さんほど有名な人なら問題ないのかも。
  • トップページと作品詳細ページは基本Flash。何気にレスポンシブ。
  • サイトは誰のデザインなのかな。中村勇吾さんという方でした!
  • 動きをだすためだと思うけど、トップページの色の動きがちょっとめまぐるしい。
  • テイスト:無機質、シンプル
  • 色:モノクロ+制作物の色
  • レイアウト:上部メニュー/変則2カラム
  • スマホ対応:無し。Newsのページがトップに表示され、Flashの部分はカットされる。

まるで科学者のようなストイックさが伝わってくるポートフォリオサイト!一見シンプルなのに、強烈な個性がでてるのはさすがです。サイトは可士和さんデザインじゃないかもだけど←とても有名なデザイナーの中村勇吾さんが作ってた!webデザイン業界では知らない人はいないくらいの人らしい。。対談までやってた。勉強不足でお恥ずかしい限り…。
SEOを気にしないでよいのであれば、Flashを多用したWebサイトを作るのもありですね。では、よいwebデザインライフを。

SNSシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。