松屋銀座に現れし白いモフモフ。ミッフィー展に行ってきた

2015年、ミッフィー誕生60周年(・x・)を記念して、日本各地で展覧会が開催される。最初の開催は、東京の松屋銀座とのことなので、初日のに行ってきた。

松屋銀座での開催の概要は下の通り。

ミッフィー展の公式サイトは下記。
ミッフィー展公式サイト

ミッフィー展の中に入ろう

ミッフィー展会場の入り口

展覧会の目玉は、世界初公開の1955年の「ファースト・ミッフィー」を含む、約300点の原画やスケッチだ。 作者のディック・ブルーナさんが1953年に初めて描いた絵本から、その変遷をたどることができる。

原画を見ることができる作品タイトル

  • de appel(第1版:1953年)
  • de appel(第2版:1959年)
  • het vogeltje
  • ちいさなうさこちゃん(第1版:1955年)
  • ちいさなうさこちゃん(第2版:1963年)
  • うさこちゃんのゆめ
  • うさこちゃんのさがしもの
  • うさこちゃんのおうち
  • うさこちゃんのてがみ
  • うさこちゃんとあかちゃん

恥ずかしながら今までミッフィーの絵本は見た事が無かったのだけど、初めての鑑賞が原画という、すごく贅沢な体験をしてしまった。
初代ナインチェはずんぐりしてて、2版目でおなじみのデザインに。で、後年はまた少しずんぐりしてくるのね。初代と後年のミッフィーが好きかも。

ミッフィーデザインの移り変わり

絵本に使われた原画の他にも、採用されなかったものや、たくさんの下書きも見ることができる。重ねられた鉛筆の下書きに、一見シンプルなミッフィーの、途方もない試行錯誤を見た気がした。

絵ももちろん素晴らしいけど、お話の一つ一つが本当にかわいすぎる。各話の概要が書かれているパネルがあるので、それも見るべし。隠れミッフィーもどこかにいるよ。

作者ディック・ブルーナさんの魅力

ディック・ブルーナさん新たな魅力を紹介ということで、若い頃に描いた油彩画や、奥さんのイレーネさんのために描いた「朝食メモ」など、絵本以外の絵も展示されている。

他にも、動画が流れているところがあって、なんとディック・ブルーナさんがミッフィーを描いている映像を見ることができる。丁寧な仕事ぶりやが伝わってきて、その人柄や雰囲気でも世界中から親しまれている。というのも納得だった。

ミッフィー・アートパレード

ミッフィー誕生60周年を記念し、オランダと日本のアーティストやクリエーターが、180センチもある巨大ミッフィー60体に独自の表現を施した。その一部が展示されている。日本人の制作した15体は全て見れたかも。

日本から参加したクリエーター

  • 大図まこと
  • 鹿児島睦
  • 菊地敦己
  • 気仙沼ニッティング&ほぼ日刊イトイ新聞
  • 小泉誠
  • 合田経郎
  • 佐野研二郎
  • 祖父江慎
  • ツペラツペラ
  • 長坂常
  • ひびのこづえ
  • 福田利之
  • 増田セバスチャン
  • 三沢厚彦
  • 寄藤文平

(50音順)

撮影OK!映画に使われた人形やセット、絵本コーナーもあるよ

再奥には、撮影が許可されたエリアがあり、2013年に公開されたミッフィーの映画「劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし」で使われた人形やセットを展示されている。

ミッフィー映画のセット 映画に使用されたセット

miffyの人形 他のセットのアップ。さすがによくできている。

ちなみに実際にこの映画を見たことがあるけど、、、なんかミッフィーの声にモーレツな違和感を覚えて最後まで見ることができなかった…。ごめんなさい。

ミッフィー・アートパレードの一部 ミッフィー・アートパレードの作品

miffy_005 オランダの人達の制作物が壁に並んでいる。

ミッフィーグッズを買おう。限定グッズもたくさん。

展示会場の周りには物販があり、ミッフィーグッズがこれでもかと並んでいる。

開催初日ということもあり、テレビカメラとか、どこかで見たことのある人とかがいた。お客さんもコアなファンが多いのか、開場1時間くらいで既にレジには長蛇の列ができていて、並んでる時、お会計4万とか5万とか平気で買ってる人達を見てビビっていた。わしは4000円位。

絵本のキャラのグッズということもあるせいか、離乳食セットとか、キッズサイズのTシャツとか、子供用のグッズも多いように感じた。

オススメはこれ。限定ナインチェのぬいぐるみ。トートバッグ付き。

カタログもオススメです!デザインは祖父江慎さん!2,500円。 ミッフィー展カタログ

会場の外にも見どころがたくさん

8階の展示会場の他にも、松屋銀座のいたるところでミッフィーを見ることができる。松屋銀座にも色々売っているから、ついつい買いたくなってしまう。商売上手!

踊り場ミッフィー 階段の踊り場にも…

ミッフィー・アートパレードのパネルが!

!!?

撮影スポット 随所に撮影スポットも!

ちなみに、グッズを3000円以上買うともらえるミッフィーの耳をつけて、松屋銀座のどこかにいるスナッフィーを見つけると、ノベルティがもらえます。

スナッフィーのアップスナッフィー

そしてなんと、松屋銀座の外にまでミッフィーが…!

超巨大ミッフィー でん

いろんな形のミッフィーを見ることのできる貴重な展示。すっかりブルーナさんを好きになってしまった(まだ存命であることを知らなかったのは内緒だ)。では、よいミッフィーライフを。

その他の展示概要

今回行けない人も、まだチャンスあるのでグッドラック。

SNSシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。